Bokk Jambaar

Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)は、セネガルで2年間活動をしたメンバーが設立した、セネガルと日本の希望ある未来と元気な社会作りを目指し活動している団体です。

カオラック (Kaoluck)

カオラック (Kaoluck)

  カオラックは首都ダカールより南東に約200kmに位置する主要都市のひとつであり、また交通の中心網となっているため国内のみならず近隣国からの人々の出入りも多く、そのため交易が非常に盛んです。
 人口は約25万人、主要産業は落花生と塩分濃度の高いサルーム川周辺での製塩業です。またカオラックは「セネガルで最もゴミとハエと蚊が多い町」という不名誉な代名詞がつけられています。確かにゴミとハエと蚊は多いのですが、人や物が多いところに排水や下水処理体制が構築されていないことが、その原因のひとつと考えられています。
        
ゴミが散乱する地区                                    製塩の様子

 


カオラック中央市場:
  中心街には地方で最も大きいといわれる市場があり、特に布の品ぞろえが豊富で、食料品や日用雑貨もここに行けば大抵のものは揃います。値段は交渉しだい。顔見知りになれば、交渉なしでも安くしてくれたり、おまけをつけてくれることもあり、なかなか人情味のある活気にあふれた市場です。

 

    
路上の野菜市場                                        市場の建物には洋服や日用雑貨店が並ぶ

 


カオラック中央魚市場:
 日本の無償資金協力によって建設された魚市場で2003年竣工。ここでは沢山の種類の魚を買うことができます。日本にあるアジやイワシ、カマス、スズキ、タイ、ニシン、カツオのような魚があり種類も豊富。お願いすれば、その場で魚をミンチにしてくれるので、家ではつみれ汁やさつま揚げが作れて我々日本人にとっても有難い魚市場。

 

    
魚市場の建物                新鮮な魚が並んでいる

 


モスク:
  メディナ・バイという地区にあるモスクはセネガルの国内の大きなモスクのひとつ。イスラム教ニャセン派の中心地であり、毎年1回のガンモと言われるお祭りの際には国内各地から人々が集まり、モスクの近辺には特設のお店が立ち並ぶなどして、町はさらに活気を帯びます。

 


メディナ・バイのモスク

 


交通:
  市内に2か所、ガラージュと呼ばれる車やバスなどの車両の発着場所があります。ガラージュ・ダカールはカオラックの西から北の方面、ガラージュ・ニオロは東から南の方面との往来に利用されます。人々が多く集まる場所ですので、屋台のような店で食べ物やお土産グッズを売り歩く人がいたり、物乞いをするタリベが集まる場所でもあります。

 

    
バスやタクシーの乗り場の様子                荷物をたくさん積んだトラックが往来する

 


レストラン:
  中央市場の北側、国道1号線沿いの「Le Brasero」とその近くにもう一件「Bleu Bird」というレストランがあります。日替わりのセネガル料理(ランチのみ)があるほか、ピザやハンバーガー、肉や魚料理などアラカルトで食べることがもできます。観光客がよく来るので値段は少し高めですが、ここではビール、ワインなどのお酒も飲むことができます。

 


セネガル料理じゃないものも食べられる

 


サルーム川:
  市街地を外れ南に下っていくとサルーム川に辿りつきます。サルーム川は東西に延びる全長250kmの川ですが、著しい乾燥気候のため塩分濃度は海洋部よりも高いのが特徴です。カオラックはその川の中央部に位置しているため、昔からこのあたりはサルーム地方とも呼ばれていますが、ここでは「ゴミ・ハエ・蚊の町カオラック」という汚名を返上する美しい景色に出会えます。

 


ゴミ一つない美しい景色


地域紹介のページに戻る→