Bokk Jambaar

Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)は、セネガルで2年間活動をしたメンバーが設立した、セネガルと日本の希望ある未来と元気な社会作りを目指し活動している団体です。

芸能文化(ダンスや音楽など)
   セネガルの芸能文化といえば、ジェンベやサバールなどのドラムとそれに合わせたダンスが有名です。ジェンベはズングリムックリ、サバールは細長でスリムなドラムですが、夜になるとどこからともなくこのドラム達の音が聞こえてきては、人々は激しいダンスに興じています。日が暮れて暗くなったころに始まり、夜中の1時、2時くらいまで続いていることもしばしば。激しいダンスは時にセクシーな動きを見せますが、そのときの周囲の盛り上がりようといったら… 陽気はセネガル人は、こぞってその場を盛り上げます。

  

   【写真 一枚目:セネガルの様々なドラム 二枚目:サバール演奏は片手に木の枝をスティックとしとして使います 三枚目:演奏は少なくても5~6人】

   そして、セネガルには代々「グリオ」と呼ばれる語り部の人々がいます。グリオは先に書いたジェンベやサバールのほか、コラと言われる弦楽器、バラフォンという木琴など様々な楽器を使いながら、歌などにしてその地に伝わる話を語り継いでいきますが、その物語をダンスにして表現することもあります。これらはセネガルの伝統的な芸能・音楽ですが、世界的にも有名なミュージシャンで、今はセネガルの文化観光大臣を務めるユッスー・ンドゥールもグリオの家系の出身です。

  

   【写真 一枚目:伝統的なダンスと衣装、二枚目:ダカールの舞台にて気合いも満点、三枚目:セネガルの代表的ミュージシャンのユッス―・ンドゥール氏】

戻る