Bokk Jambaar

Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)は、セネガルで2年間活動をしたメンバーが設立した、セネガルと日本の希望ある未来と元気な社会作りを目指し活動している団体です。

   ウォロフ(Wolof)語とは、セネガル総人口の45%ほどを占めるウォロフ族の人々が使う言語です。また、セネガルの大部分では、第二の共通語としても使用されている言葉でもあります。都市部を離れると、フランス語よりもこのウォロフ語のほうがよく使われていたりするので、セネガルに行くなら挨拶くらい覚えていけば、すぐにセネガル人と友達になれるでしょう!

セネガルに二年間住み、毎日セネガル人を笑わせていた内山君に、ウォロフ語講座をお願いしました。今後、定期的に更新していく予定ですので、ウォロフ語に興味のある方は、チェックしてください。

ウォロフ語講座
第1回

第2回

 

戻る