Bokk Jambaar

Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)は、セネガルで2年間活動をしたメンバーが設立した、セネガルと日本の希望ある未来と元気な社会作りを目指し活動している団体です。

団体概要

    Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)の意味

       セネガルの民族語のひとつであるウォロフ語で「Bokk」は仲間、「Jambaar」は頑張っている人のことを指しています。
     
     Bokk Jambaarは、アフリカと日本の距離を超え、同じ意志を持ち目標に向かって頑張る仲間たちの繋がりを広げ、その皆の頑張りを一つの大きな力にしていく場でありたいと考えています。

     

    Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)の願い

       Bokk Jambaarは、セネガルで2年間ボランティア活動を行ってきた日本人青年グループが、これからもセネガルに関わりたい、セネガルのために役に立つ活動をしたい、セネガルのパワーを日本に伝えたい、など様々な思いを持って2013年に発足した任意団体です。
     
      ただお金のある国が貧しい国を支援するだけでなく、日本の良い所、セネガルの良い所をそれぞれお互いに取り入れて、両方の国をより良くしていきたいという思いでこの団体を立ち上げました。苦境の中でも毎日笑顔と人をいたわる心を絶やさないセネガル人、カスタマーサービスを始めとする緻密で繊細な日本の社会システムと技術、それらを相互交流することでお互いが向上できるみんなが幸せになれる関係を作っていきたいとBokk Jambaarは願っています。

     

    団体概要

    団 体 名 Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)
    事務局所在地 〒535-0022 大阪府大阪市旭区新森4丁目3-12-504
    設立年月日 2013年6月20日
    電 話 080‐8522‐8412(代表 オンバダ)
    電子メール contact@bokk-jambaar.org
    代 表 オンバダ 香織
    刊 行 物 ニュースレター「BAOBAB エクスプレス」
    役 員 藤岡 美保子 副代表
    土久岡 真美 企画
    内山 光晴 広報
    深谷 結 関東支部 企画
    山下 てんせい 顧問(神戸市市会議員)
メンバー紹介ページへ