Bokk Jambaar

Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)は、セネガルで2年間活動をしたメンバーが設立した、セネガルと日本の希望ある未来と元気な社会作りを目指し活動している団体です。

ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

セネガルでの学校給食

2019年12月下旬に一般社団法人 アフリカ協会よりご連絡があり、以前申請をだいしていた助成金申請が受理されたと連絡がありました。

申請内容は、「セネガルでの学校給食」です。概要は次の通りになります。少しでも多くの子どもたちの笑顔が見れるように、丁寧な活動を心がけていきたいと思います。

***概要***

サハラ砂漠の一部に位置するセネガル北部の農村部は都心部に比べると生活水準は低く貧困地域が多く存在します。貧困により十分な食料を購入することができない家庭は、十分な食事(栄養)を摂ることができない環境に陥りやすいのです。そのような家庭の子供は栄養不足になり、さらには通学や勉強をすることに必要な栄養(エネルギー)が不足すると学校へ行く足が遠のき退学する生徒が増えてきます。このような負の連鎖を解消し、子どもたちにより効果的な学びの場を提供するため学校給食を実施します。プロジェクトは現地教員や教育関係らの一番の要望でもあり解決すべき課題としても声が上がっていました。

現地教員や教育関係者と連携しながら小学校5校を対象とし、2020年1月より学校給食を実施します。授業が行われる時期(4月〜7月)の平日に週2回学校給食の提供を行います。セネガルの小学校は、日本のように1日を学校で生活する時間割ではなく、生徒たちは昼食のために一度帰宅し、また午後の授業を受けに通学するため(火曜日と木曜日)学校給食は週に2回必要になります。

このプロジェクトでは、学校給食の実施だけではなく普及を目的とするためカウンターパートの指導の元、小学校で学校給食を実施し、農村部のモデル校となることを目指します。学校給食は日々の食生活とも密接な関係であり、現地教員や保護者の理解と協力が不可欠であるため、プロジェクトを進めていく上で視学官の存在はとても大きいです。生徒の保護者が給食を作ることで、学校だけでなく各家庭での食事や健康への意識向上が期待されます。加えて、プロジェクト終了後も持続可能な取組みとするため、プロジェクト実施前に学校運営委員会より保護者に趣旨説明をし、プロジェクトに対する理解を深めました。

「バオバブで美活・腸活」

アフリカで有名な樹木バオバブは、セネガル国のシンボルにもなっています。
その木になる実がバオバブフルーツ。甘酸っぱいアンズのような味で、栄養素が豊富なスーパーフルーツです。食物繊維、ビタミンC、ポリフェノールが特に多く含まれ腸内環境を整え、便秘解消や太りにくい体をつくるなどの効果があると言われています。
農薬未使用・無肥料で100%自然の状態で生育するため安全で安心。セネガルでは赤ちゃんから大人まで、むかしから食べられている国民食。毎日ジュースや料理に入れて食べています。日本でも手軽に手に入るようになり、ボックジャンバールでも販売を始めました!
(問い合わせはbaobab@bokk-jambaar.orgまで。100g入1000円、300g入2400円、税込み価格、送料は別です)
現地で直接商品を確認して買い付けている日本の会社から仕入れる事が出来ています。
サラサラパウダーで扱いやすく食べやすいので、ヨーグルトや飲み物に入れて手軽に美活・腸活が可能です。
グルテンフリーで美活にオススメ簡単おやつレシピなども今後紹介しています。
美味しいので食べ過ぎないようにしてくださいね!

12月1日(土)朝市 in 加古川 出店決定!

加古川で開催の朝市に出店が決定いたしました!
今年最後のイベント参加です。
朝市では、Bokk Jambaarオリジナル商品を販売いたします!
私たちが選んだアフリカ布は明るい色の布が多く、持っているだけで明るく元気になります。
あなたにぴったりのセネガル小物を見つけてみてはいかがですか?
今年最後の1ヶ月もおもいっきり楽しみましょう!

販売商品:かばん、ポーチ、ヘアバンド、キーケースなど

ーーー詳細ーーー
【日にち】12月1日(土)
【時 間】8:00〜12:00 
【場 所】加古川ウェルネスパーク
〒675-0058 加古川市東神吉町天下原370 ※無料駐車場あり
アクセスマップ
・施設の外観図はこちら
ーーーーーー

111

Kobe Global Charity Festival 2018 ~世界のふれあい広場~ に出展しました!

イベントに出展してきました

45926939_1940986802603555_6255633666353922048_n
2018年11月11日、世はポッキーやらプリッツやらと賑わっておりましたが、Bokk Jambaarのメンバーは神戸でお祭りに参加しておりました!

場所は神戸中華同文学校。
なんと小学校の中でのイベントでした。

運動場での運動会、小学校の廊下、背の低い机やイスどれもとっても懐かしい!

mangi fii商品盛りだくさん

今回もオリジナルブランドmangi fii(マンギフィ)商品を、たくさんお持ちしましたよー!
おなじみのキルティングポーチは、大中小さまざまなサイズを取り揃えました。

そのほか、手提げバッグ、セネガルの子どもたちのイラストがプリントされたトートバッグ、お子さまのおもちゃにぴったりのアフリカ布ボールなどなど、お越しいただいたみなさんに手にとっていただくことが出来ました。

003

今回のイチオシは新商品のアフリカ布ワッペン
セネガルで仕入れてきたアフリカ布をフチどりして、カラフルな毛糸をあしらいました。裏側にピンが付いているので、カバンや無地のTシャツなどに付けるのもおススメです。

次回、Bokk Jamaar mangi fiiのブースを見かけたときには、是非手に取ってみてくださいね!

セネガル料理も振舞いました

10494
Kobe Global Charity Festival 2018」には世界の料理を屋台で楽しもうという趣旨で、カフェブースが設置されていたので、Bokk jambaarはセネガル料理のブースも準備しました。

提供したのはセネガル料理「ヤッサプレ」と、スーダン料理「ファラフェル」です。

ヤッサプレのヤッサは玉ねぎのこと、プレは鶏肉を指していて、ジューシーな鶏肉にじっくり炒め煮した玉ねぎソースをご飯にかけた一品で、セネガルの代表料理のひとつです。

また今回はちょっとひと工夫して、ご飯の代わりにクスクスにしてみました。初めて食べる方も多かったようですが、「食べやすくて美味しい!」と好評をいただきました。

そしてそして何とありがたいことに完売!でした。

これからもよろしくお願いします

ここのところ、みなさまとお会いしたり、mangi fii商品をご覧いただける機会が単発のイベントが多いので、もっといろいろなかたちでセネガル・Bokk Jambaar・mangi fiiを知ってもらえるように取り組んでいく予定です。

これから仕掛けたいあれやこれやを秘めているので、実現に向けてメンバー一同頑張ります!