Bokk Jambaar

Bokk Jambaar(ボック ジャンバール)は、セネガルで2年間活動をしたメンバーが設立した、セネガルと日本の希望ある未来と元気な社会作りを目指し活動している団体です。

活動報告(セネガル)

2018年上半期のボックジャンバールの活動報告

みなさま、こんにちは!
またも更新が滞ってしまい申し訳ございません…。

もう2018年も後半戦に入りましたが、今回は2018年前半(1月~6月)のBokk Jambaarの活動をご報告したいと思います。

■日本での活動

関西圏のイベントや展示会に出店し、セネガル雑貨の展示販売を行いました。

カラフルで元気の出るアフリカ布を使った商品はとっても人気がありますが、あわせてセネガルのことを知ってもらうきっかけになればと考えています。

これからもいろいろな場に出向く予定にしていますので、より多くの方々とお会いできることを楽しみにしています!

20180924

  • ワンワールドフェスティバル
    日程:2018年2月3日(土)・4日(日)
    場所:カンテレ扇町スクエア
  • 加古川オープンデパート朝市
    日程:2018年6月3日(日)
    場所:加古川ウェルネスパーク
  • 国際ヨガデー2018
    日程:2018年6月24日(日)
    場所:神戸メリケンパーク

■セネガルでの活動

わたしたちが活動を実施するリンゲール地域において、意識調査を行いました。

2017年度下半期には村落部、2018年度上半期には市内において、合計8ヶ所、105人の住民に対してアンケート用紙を用いた聞き取り調査を実施し、現状把握に役立てました。

20180924_2

  • 地域住民のマラリア意識調査
    日程:2018年3月末〜4月
    場所:セネガル リンゲール県

引き続き、セネガルと日本を繋ぐ架け橋となれるよう活動を進めてまいります。
これからもBokk Jambaarをどうぞよろしくお願いいたします!

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 最終報告

アッサラームアライクム!
ナンゲーン デフ?(みなさんお元気ですか?)

先週末、6月4日(土)に学年の終業式を兼ねた校舎の竣工式が行われました。
教育省の視学官であり、私達の協力者であるチャムさん、地域の長より派遣された役員、周辺学校の校長先生、教員、生徒の保護者、村人も多く参加してくれました。

参加した生徒の親

参加した生徒の親たちと村人


妹と一緒に座る生徒

妹と一緒に座る生徒


開会のテープカットを行うチャムさん

開会のテープカットを行うチャムさん


竣工式では、校長、視学官、保護者代表、生徒、などがそれぞれの思いをスピーチに託しました。それぞれのスピーチの中で、校舎建設のために寄付をしてくださった方に深くお礼を述べていました。
スピーチを読み上げる生徒代表

Bokk Jambaarからのお祝いのメッセージを読み上げる生徒代表


また、近郊の町ダーラのラジオ局から局長であるサンバ・ゲラジョさんが助手とともに参加し、竣工式の様子をラジオで放送してくれました。
ラジオインタビューを受けるチャムさん

新しい校舎の前でラジオインタビューを受けるチャムさん


スピーチの後は、今年度成績が優秀だった生徒にプレゼントが渡されました。
生徒へのギフトと参加者

生徒へのギフトと参加者


竣工式の後には、お祝いが開催され、ご飯とドリンクが参加者全員に振る舞われ、生徒が歌や踊りを披露しました。
お祝いのために、朝から保護者の方々が振る舞いの料理を準備してくれました。

お祝いのために、朝から保護者の方々が振る舞いの料理を準備してくれました。


Maureの独特な民族ダンスを披露する生徒たち

Maureの独特な民族ダンスを披露する生徒たち


子どもたちは、この日のために特別にMaureの民族衣装を仕立ててもらい、嬉しそうに色とりどりの服を着ていました。
Maureの民族衣装を着る参加者たち

Maureの民族衣装を着る参加者たち


こちらはツートーン

こちらはツートーン


そしてしっとりブルーとグレイ

そしてしっとりブルーとグレイ


お気づきになられましたか?この校舎を建設したDarou Salam Maureの村周辺には、アフリカ北部のベルベル人の末裔であるMaureという民族が多く住んでいて、他の地域と少し民族衣装が違い、独特の民族舞踊があるのです。

そして、寄付者の銘板は、新しい学校校舎に無事とりつけられました。

銘板を取り付けています。

銘板を取り付けています。


銘板の前で談笑するチャムさんと村長さん

銘板の前で談笑するチャムさんと村長さん

この学校校舎建築プロジェクトも、これで一段落が付きました。
新学年はまた9月~10月の雨季が終わった頃に始まります。
今はまだ空っぽの教室ですが、次年度開始までに教室内にはテーブルとイスが運ばれてくる予定になっており、学校が始まる時には新たな生徒の笑い声でいっぱいになっているでしょう。

このプロジェクトは、みなさまの応援とご協力がなければ、成し遂げることができませんでした。
Darou Salam Maureの村人、リンゲール県ダーラ市の教育委員会、生徒の保護者達、学校の校長、教員、全ての人々からみなさまへ温かい感謝の言葉をもらっています。そして、私達、Bokk Jambaarも心からみなさまに感謝しています。
学校を建築しただけでは終わりません。今後ともこの学校と連絡を密に取り合って、支援を続行していきます。
本当にありがとうございました。
また、これからもBokk Jambaar、そしてDarou Salam Maure等の村落部の人々などの応援をよろしくお願いします!

セネガル風のあいさつで締めさせていただきます。

みなさま、そしてみなさまのご家族ともに、ご長寿と末永いご多幸を願います。
ありがとうございました。

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 進捗状況 10

アッサラームアライクン!
ナンガデフ?(元気ですか?) 

校舎の写真をまたまたバ先生が撮って送ってくれましたので、
一挙にご紹介。いろいろな角度からの写真があります。
先生が喜びながら写真を撮ってくれたのが、目に浮かびます。
(※バ先生、確実に写真の撮り方がうまくなってます!!)

この前は学校の外観を中心に報告しましたが、今回は内部に潜入です・・・ドキドキ。
セネガルの村の学校では、日本のようにチョークや黒板消しを置くような場所はなく、壁に黒板が取り付けれられているだけのところが多いです(シンプル!!)。
なぜなら、セネガルでは板書したものを消す時には黒板消しの代わりに水を含んだスポンジで拭き取るのが一般的だからです!!

今回、教室の前後に黒板を設置した(1つの教室に黒板2つ!)と報告がありました。
また、屋根は錆び難く、暑さにも強いものにしたため、砂漠気候の厳しい環境にも耐えることができます。
加えて、猛暑日が続く夏でも、教室の中は涼しくなっているので、子供たちの休息場にもなります。

更に更に、外壁はセメントで敢えてザラザラした質感にしたとのこと・・・
理由は子供達がチョーク等でいたずらできないようするため!!
さすがバ校長先生、子供達の気持ちを分かってらっしゃる!!

机や椅子が運ばれ、子供たちが勉強できるようになるまでいよいよあと少しです。

正面から見た校舎

正面から見た校舎

室内の様子

室内の様子

窓もドアも頑丈に取り付けました

窓もドアも頑丈に取り付けました

まっさらの黒板。授業が楽しみです。

まっさらの黒板。授業が楽しみです。

ドアはいたってシンプルな作り

ドアはいたってシンプルな作り

戸締りもきちんとできるように鍵をつけています

戸締りもきちんとできるように鍵をつけています

横から見た校舎

横から見た校舎

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 進捗状況 9

アッサラームアライクン!
ナンガデフ?(元気ですか?)

前回は皆様に屋根と床の作業の様子を報告しました。あれからまた1週間ほど経ち、ついに教室が99パーセント完成しました!
最後の1パーセントとして外壁に銘板の取り付けを行い完成となります。

皆様からいただいた暖かいご支援が形とすることができ大変嬉しく思っています。本当にありがとうございます!

今後、竣工式も予定されているので、その様子もまたご報告します。
楽しみにお待ちください!!

教室を正面からみたところ

教室を正面からみたところ

教室の入り口も頑丈な扉が取り付けられました。

教室の入り口も頑丈な扉が取り付けられました。

教室の裏側には窓があり、開けると光が差し込みます。

教室の裏側には窓があり、開けると光が差し込みます。

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 進捗状況 8

アッサラーム・アレイクム!!
ナカ リゲイ ビ?(お仕事や家事はどうですか?)

日にちがちょっと空いてしまいましたが、学校校舎建築も佳境にはいりました!
第二回目(最後)の送金も無事に終わり、完成に向けて先生、現地の視学官、教育省の方々、大工さん、村人が一丸となって頑張ってくれています。

屋根を取り付け、窓も取り付けを完了し、内部の床も完成間近です♪

取り付ける窓とドアが搬入されました。

取り付ける窓とドアが搬入されました。

セメントでしっかりと窓を取り付けます。

セメントでしっかりと窓を取り付けます。

雨季前の嵐でも屋根が飛ばないように、しっかりと取り付けます。

雨季前の嵐でも屋根が飛ばないように、しっかりと取り付けます。

内部に鉄パイプを通し、屋根のビスを固定しています。

内部に鉄パイプを通し、屋根のビスを固定しています。

内部の床にとりかかります。

内部の床にとりかかります。

セメントの表面をスムーズにしています。

セメントの表面をスムーズにしています。

完成後の竣工式が今から楽しみです!!!

またみなさまへ続けてご報告しますので、どうぞ最後まで応援お願いします(*^_^*)

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 中間報告

ダルー・サラム・モーレ校(ンドゴン地域の小学校)のバ校長先生から、中間報告書が届きましたので、ここにシェアします。

最初は、フランス語で書かれていますが、2枚目に日本語訳をつけています。

20160326 Le rapport provisoire

今週中に第二回目(最後)の送金を行い、工事完成に向かいます。
どうぞ最後までよろしくお願いします。

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 進捗状況 7

アッサラーム・アレイクム!!!
ナカ セーン クル?(みなさんのご家族はお元気ですか?)

ついに!校舎の壁が完成ましたよーーー♪♪♪
3月26日には、先生からの中間報告書も届きました。その中には、子どもたち、保護者のみんな、学校教員だけでなく、村中の人たちがとても喜んでくれている、と書かれていました。

村人たちに朝食、お昼ごはん、お茶、ジュースなどを無償でふるまってもらっているせいもあり、大工さん達が遅くまで毎日頑張ってくれているおかげで、実際の予定よりも早く工事が完了しそうな勢いです。

次は二回目の送金後、いよいよ屋根の工事です!
完成まで後少しですね♪

今からセネガル北部は一年で最も暑く乾燥した季節に入ります。日中の温度は日影で45度を超えることも珍しくありません。大工さん達にも、頑張ってもらいましょう!!!

校舎らしくなってきました!

校舎らしくなってきました!

Exif_JPEG_420

子どもたちも新しい校舎の前でワクワクしています♪

子どもたちも新しい校舎の前でワクワクしています♪

どうぞ完成まで応援をよろしくお願いします!

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 進捗状況 6

アッサラーム・アレイクム!!!
ナカ セッド ビ?(寒さは大丈夫ですか?)

さて、ンドゴン村校舎の基礎工事が完了しましたよ!
3月9日から壁の積み上げを始めています。
大工さんも村人も頑張ってくれていて、工事をどんどん先に進めてくれています。

壁が完成した後に、バ校長先生から中間報告書が届きますので、またみなさんへご報告しますね。

いつも応援ありがとうございます!

では、バ ベネニョーン!(また次回まで!)

Exif_JPEG_420

Exif_JPEG_420

Exif_JPEG_420

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 進捗状況 5

アッサラーム・アライクム!
ヤンゲーン チ ジャム?(穏やかに過ごされていますか?)
日本では、急に春めいてきましたね!

セネガル北部ではそろそろ灼熱の乾季に入りますが、ンドゴン村では大工さん達が頑張ってくれています。
工事期間を前倒しにして、校舎の基礎構築が始まりました~♪

日本と違い地震がない国なので、基礎も浅くて済みます。
穴を堀り、水で砂を固め、そこに先日作り乾燥させているブロックとコンクリートで基礎を作ります。

この校舎建築が、大工さんだけでなく、運搬などで村人達にも収入を生み出しているので、村人も大変よろこんでいます、とバ校長先生が言っていました。

これもご協力、応援いただいているみなさまのお陰です。
ありがとうございます!!!
これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

Exif_JPEG_420

Exif_JPEG_420

Exif_JPEG_420

ReadyFor小学校校舎増築プロジェクト 進捗状況 4

アッサラーム・アライクム!!!こんにちは!
ナンゲーン デフ?(お元気ですか?)

いよいよセネガルの小学校にて工事が本格的に始まりましたよ~(*^_^*)
子どもたちも学校で何かがあると、興味津々です。

子どもたち

子どもたち

今は校舎の壁を作るためのブロック造りの段階です。
昨日買ってきたセメントに水と砂を足し、木枠でブロックを作り乾燥させます。

大工のお兄さんたち

大工のお兄さんたち

木型でブロックを作っています

木型でブロックを作っています

このブロック造にしばらく時間をかけ、乾燥させている間に基礎工事に入る予定です。

できたブロックは乾燥させます

できたブロックは乾燥させます

子どもたちや学校の先生、そして村人たちも工事を覗きに来て、お手伝いをしてくれています。

先生もお手伝い

先生もお手伝い

大工のお兄さんと先生と保護者

大工のお兄さんと先生と保護者

今後もご報告を続けていくので、よろしくお願いしますヽ(^o^)丿